耐震リフォーム

耐震工事!業者の比較をしていいリフォームを

耐震リフォーム

地震が来たらどうしよう、家が壊れたら困る、というときに耐震リフォームを検討する方も多いでしょう。リフォームというとあまりなじみがなくどのような業者を選べばいいのか悩んでしまいます。そんなとき大切なのは、比較検討をするということです。リフォームの相場を知っているという方は少ないですので、その中でさまざまな業者から見積もりを取ることが、より良い耐震リフォームをするためのコツです。見積りを取ることで、極端に安い業者と極端に高い業者の見極めをすることができます。また、ちゃんとしているリフォーム会社の場合には、見積りの詳しい見方やリフォームの方法など工事に関わることについて丁寧に説明してくれることが多いです。耐震リフォームですから、少しでも安心して任せられる業者にお願いしたいと思うのが普通でしょう。見積りを取ることで、ここなら任せられる、信頼できるというリフォーム業者を選ぶことが可能になります。

 

いちいち何度もリフォーム業者に連絡をして見積りをひとつひとつ取るのは面倒だなぁ、と思う人も多いでしょう。そんな時は一括見積りという方法が便利ですよ。インターネットを使い複数の業者に見積りを取れるサービスなのですが、一括見積りを利用すれば、自分でリフォーム会社を探して何度も電話で依頼するという必要もありません。一気に複数の業者のプランや費用などを見比べられますので、時間の短縮にもなるでしょう。無料で利用できますし、早い時には即日または翌日あたりには見積りを知ることができる場合もあります。また、サイトに登録されている業者は優良業者が多く、口コミなどの評価が高いところが多いので、安心して見積りを取ることができるでしょう。このように、耐震リフォームをする際にはしっかりと複数業者の見積りを取ることが大切なのです。そうすることで、納得のいくリフォームをすることができますから、面倒くさがらずに比較検討してください。

知っておこう!リフォームする時の補助金について

耐震リフォーム

リフォームやリノベーションをする時には、行政から支援を受けることができます。住宅のエコリフォームや建て替えの際には政府から住宅ストック支援事業として補助金を受け取ることが可能です。また、地域の自治体でも補助金を出しているところがあります。省エネやバリアフリー、耐震などの要件に沿ってリフォームした場合は、リフォーム減税として固定資産税の減税を受けられることも支援の一つです。

 

政府の補助金制度では「住宅のエコリフォーム」「エコ住宅に建て替え」「良質な中古住宅を購入」の3つが対象になります。補助金は補助事業者を経由して受け取るシステムです。リフォームやリノベーションを行った業者が政府に申請して、支払われた補助金を工事代金から引くようにします。よって、リフォームをする際には、補助事業者として登録されている業者に頼まなければなりません。住宅のエコリフォームでは外壁や床、屋根などを断熱改修することで補助金を受けることができます。その他にも、太陽熱利用システムや節水型トイレ、高効率給湯器なども対象です。手すりの設置や床の幅を改修するバリアフリー化や耐震工事を併せて行うことで、補助金を上げることができます。エコ住宅に建て替える時は、耐震基準に満たない家を解体して新築した時に補助金を受け取ることが可能です。

 

良質な中古住宅を購入してホームインスペクションという検査をした時、中古住宅をリフォームやリノベーションした時にも補助金を受け取ることになります。この補助金を受けるためには、建築士が検査をするホームインスペクションを行い、既存住宅売買瑕疵保険への加入と購入者が40歳未満であることが条件です。地方自治体では、特に環境対策を促進するための支援制度をしています。緑化対策では、生垣による緑の塀を作ると補助を受けられるのです。また、雨水利用促進制度や屋上緑化整備補助金、特別保全樹木補助金などがあります。

リフォームするならDIY?それともプロがいい?

耐震リフォーム

家電と同じように、住宅も劣化や寿命がやってきます。昔から日曜大工という言葉がありますが、今は呼び方を変え、DIYがブームになっています。以前はペンキの剥がれや錆びたネジの交換など、手軽にできるもの以外はやはりプロの手をかりるのが主流でしたが、最近はホームセンターや100円均一の店がより一層便利になり、プロが使う材料や、「こんなものまで100円で買えるなんて!」という商品が、とにかく豊富で手に入りやすいです。

 

リフォームと聞くと、「信頼できる業者だろうか?費用が高額ではないか?」など、様々な不安がつきまといます。では、いっそ自分でやってみようと挑戦するものの、途中で挫折なんてことも多々あることです。そして、悩んでいるうちに時が過ぎ、劣化がさらに進んでしまい、結局業者に依頼することもしばしばです。「悩んでいる時間がもったいない!」と一歩前へ踏み出してみましょう。まず、修理したい箇所をピックアップし、客観的に考えて自分にできる範囲か、時間はあるかを確かめてみます。例えば、壁紙の張替えの場合、使う頻度の高い部屋かどうか、荷物の移動が大変かどうか、ご自身の生活に支障がでない方はどちらかなど、DIYかプロかという判断基準のひとつになります。外壁や屋根のことは、おのずとプロにおまかせしたいところです。フローリングはどうでしょうか。部屋の形状などによりノコギリでフローリング材を切り、床に合わせなければなりません。畳の張替えもホームセンターでやっているところがあり、持ち込んで比較的安く早く仕上げてくれるようです。

 

このように、修理したい箇所によりDIYかプロかを使いわけられる時代です。ご自身の時間や考えにより、よりよい方を選びたいところです。しかし、いくら安くあがるとはいえ、DIYも材料費やケガなど危険が伴うかもしれないということを忘れてはいけません。その上でリフォームされる場合は、周りの方に尋ねたりして、複数の業者に見積もりを取り、比較しましょう。

リフォームローンの審査基準は?

耐震リフォーム

リフォームは大きな買い物のようなものですから、一括でというのはなかなか難しいものです。そんな時にはリフォームローンを検討する人が多いと思いますが、その審査基準はどのようなものなのでしょうか。

 

まず、年齢という審査基準があります。多くのリフォームローンでは、借りる時の上限が70歳、完済する時の上限が80歳というのが一般的なようです。勤続年数なども関係してきます。通常の住宅ローンなどよりはその基準は厳しくはなく1〜2年程度勤務年数があれば問題はないでしょう。ほかにローンを組んでいないか、複数の借入れがないかなども考慮されます。あまり多くの借入れがあったりすると不利になってしまう可能性もありますから、注意しましょう。安定した収入があるのか、担保が必要な契約ならばその担保性なども審査の基準になります。そして一番重要になってくるのが、信用情報です。信用情報とは、貸し付ける相手に今まで支払いの延滞や遅延はないか、債務整理などをしていないか、などの情報のことになります。信用情報機関に事故情報として登録されているとローンを組むのは難しいでしょう。この審査を通ればリフォームローンを組むことができます。

 

リフォームローンを申し込む前にまず、どのようなリフォームをしたくてどのぐらいの金額がかかるのかを把握することが大事になります。そのためには、複数のリフォーム会社に見積りを取って比較検討する必要があるのです。そんな時に便利なのが、一括見積りです。わざわざ自分で色々な業者に電話をかけて、見積りをお願いして、というのは大変な手間もかかりますし面倒ですから、一括見積もりができるサイトを使ってみましょう。自分の希望のリフォームや情報を入力すれば簡単に複数社の見積りを取ることができます。一括見積もりに登録されている業者は優良業者が多いですから、リフォームを実際に頼むとしても安心してお願いすることができるでしょう。

リフォームの納期ってどれくらいかかるの?

耐震リフォーム

リフォームを検討する時、費用の他に気になるのが納期です。きちんと工事はしてほしいものの、あまり長期に渡る工期では生活していくにも不便で、一時的に引っ越すことにもなりかねません。では、リフォームにはどれくらいの期間がかかるのかと言うと、リフォームには箇所や規模など利用者それぞれの希望が異なるため、基本設定というものが存在しません。例えば床フローリングのリフォームですと、カーペットの床をフローリングにリフォームする場合、約1日で工事が終了することもあります。部屋の広さによって違いはありますが、古くなったフローリングの張り替えや畳からフローリングへリフォームする場合では約2〜3日が納期とされています。

 

また、外壁のリフォームでは約1週間から10日、屋根の張り替えのリフォームなら2日〜1週間、階段や風呂場に手すりを取り付けるバリアフリーのリフォームでは1日でできることも多いです。このように簡単な工事であれば1〜2週間、規模の大きい工事なら2週間〜1ヶ月と考えると良いでしょう。なお、短期間でお願いしたい、という希望も聞いてくれる会社もありますので、依頼する会社としっかりと相談をすることが大切です。

 

そして、リフォームの納期はおよそこれくらいの期日、というような大まかな予定を出すことになりますが、依頼する会社によっても違いがありますので、リフォームを予定する場合は一括見積りを行うことをお勧めします。一括見積もりとはサイト上で行われる見積もりのことで、希望するリフォームの建物の築年数や種類、予算や依頼者の住所などの情報を入力すると、対応可能な複数のリフォーム会社から回答をもらうことができます。一括見積もりですと、リフォーム会社へ足を運ぶ必要も無いので手間が省け、複数の会社の比較検討をすることができるので便利です。対面式での見積もりだと断りにくいという雰囲気から契約してしまう、というパターンもありますが、一括見積もりでは断りやすいというメリットもあります。